胸部レントゲン レントゲン技師 妊娠初期 乳がん

胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などあれこれ

スポンサーリンク

レントゲン検査の由来から仕組みまで分かりやすくご紹介します!

 

【レントゲンとは】
医療検査と聞いて、レントゲン検査を思い浮かべるという方も少なくないでしょう。
レントゲン検査の正式な名称は、X線検査です。
X線と呼ばれる、放射線を使った検査方法になります。
他の画像検査に比べて、簡単に検査が行えるのが特徴です。

 

【レントゲンの由来】
レントゲンの名前は、物理学者である、ヴィルヘルム・コンラート・レントゲン博士からきています。
1895年に、レントゲン博士によって発見されたからです。
レントゲン博士は、その功績から第一回のノーベル物理学賞に選ばれました。
医療関係者の間では、X-ray Photographの略でX-Pとも呼ばれています。

 

【レントゲンの仕組み】
レントゲン検査で使われる放射線には、強い透過性があります。
人体に限らず、あらゆる物体の中を透過することが可能です。

 

しかし、密度の高いものなどの場合、放射線は透過しにくくなります。
そのため、本来、フィルムに黒く写るものが白く見えるのです。
このような仕組みを用いて、身体の内部を写し出しています。
骨や心臓は密度が高いため、レントゲンで白く写し出されるのです。

 

スポンサーリンク

【レントゲンの種類】
レントゲン検査には、単純X線撮影とX線造影検査があります。
単純X線撮影は、一般的なレントゲン検査のことです。
一方、X線造影検査では、造影剤と呼ばれる薬剤を用います。
時間を追いながら、撮影していく検査方法です。

 

造影剤が体内を移動していく経過によって、病状などを判断していきます。
一般的なレントゲン検査では、わかりにくい体内の様子を知ることが可能です。
バリウムなどを経口して、胃腸の働きを検査するのも、X線造影検査の一つになります。

 

【CT検査との違い】
レントゲン検査と同じ様に、X線を用いた医療検査でCT検査というものがあります。
一般的なレントゲン検査とは異なり、様々な角度から撮影した画像を加工します。
そのため、より精密に身体の内部を検査することが可能です。

 

レントゲン検査は、CT検査などのようには、詳しく検査できません。
病状の予兆なども、細かく診断することは困難です。
その代わり、短い時間で撮影を終えることができます。
詳細な検査と比較して、費用も安く抑えることができるでしょう。

 

【レントゲンの放射線】
先述したように、放射線を用いて行なう検査が、レントゲンです。
実際に、検査で使われる放射線量は微量なので、健康には問題ありません。
しかし、妊婦の場合、影響が出るかもしれませんので、事前に医師と相談しましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加