胸部レントゲン レントゲン技師 妊娠初期 乳がん

胸部 レントゲン 直接 間接 白い影 側面 方向 所見 書き方 わかること記事一覧

咳がひどいなどの症状を感じたときには、原因をはっきりとさせるために病院を受診する人が多くなっています。ここでは医師による問診を行った後でさまざまな検査が行われるようになっていますが、レントゲン検査が行われることが多くなっています。とくに咳が続くというような場合には胸部レントゲンが行われるようになっていますが、そこには直接撮影や間接撮影という種類があります。病院や診療所で撮影を行うという場合には直接...

レントゲン検査をすることは、さまざまな疾患を想定して実施されます。また、その検査を実施する部位も、全身に及びます。そのうち、特に検査することが多いのが、定期健診でもよく行われる、胸のレントゲン検査です。胸部には、肺や心臓などが存在していますが、定期健診で特に重視されるのは、肺の病気の有無です。肺の病気と言いましても、とてもたくさん存在しますが、そのなかでも代表的なものを説明します。まず、世界的にも...

 胸部レントゲンの検査は、身体の中をのぞくことができる重要な検査として多くの医療機関で行われています。バリウムなどを利用して体内を調べる方法は一定年齢以上の健康診断では会社で義務化されていることもあるぐらい重要な検査になっています。この胸部レントゲンを行うときにはその方向がとても重要になってきます。検査を実施するときには台座に乗せられて、いろいろと向きを変えながら複数の写真を撮っていく方法が一般的...

胸部レントゲンでのエックス線検査で、心臓、肺、気管、横隔膜、胃、十二指腸あたりまで調べられます。一般的な健康診断では、基本的に肺と心臓を中心に、臓器の形状や血管の状態を複数画像を記録して、医師が目視で病気の有無を確認します。この検査は、エックス線照射装置とプレートの間に体を置き、エックス線を焼き付けて画像を化し、コンピューターで処理をしてから測定します。検査時間は撮影のみなので1分もかかりません。...

 胸部へのレントゲン検査では循環器疾患並び食道疾患並び呼吸器疾患がわかることがあります。循環器疾患です。循環器疾患に対して胸部レントゲン検査を行う場合、心臓の評価法としては精度が低いことを認識しておく必要があります。すなわち、この検査でわかることは、心臓の大きさや形態、血管系の太さや走行状態であります。また心陰影の大きさや心臓の形態については年齢、体位、腹腔内臓器の状態によっても異なることがありま...

胸部のレントゲン撮影をするときは、撮影の邪魔をするような金属類などを身に付けないようにします。つまり、金属類は女性用の下着によくあることなので、これらを外して撮影を受けなければいけません。しかし、耳もとに付けているピアスはどうなのだろうかと心配する人もいます。これも金属類がほとんどなので、レントゲン撮影に写りこんでしまうのではないかと気になる人も多いようです。心配であればピアスを外していけばいい問...