レントゲン技師 年収 給料 平均

レントゲン技師の平均年収や給料について

スポンサーリンク

 不況の世の中、医療業界は不況しらずのようなイメージがあり、この業界に就職を希望する人が年々増えてきております。
 今回は医療関係の中でもレントゲン技師(診療放射線技師)はどのくらいの収入を得られるのかについて説明していきます。
 厚生労働省の平成25年度賃金構造基本統計調査によるとレントゲン技師の平均年収は38.8歳で526万ほどとなっています。
 このうち年間ボーナスは90万ほどになっています。
 給与は地域、経験、能力によっても大きく異なり中にはもっと多い人もいるようです。
 平均の給料にすると30万円前半とイメージですが、夜勤や当直の有無によっても給料は大きく変わることもあります。
 景気の減退とともにレントゲン技師の年収も下がり気味でしたが、ここ数年の平均給料は30万前後で落ち着きを見せています。

スポンサーリンク

 初任給は地域や勤務先の規模で一概には言えませんが、およそ20万円が目安とされています。
 専門学校や短大卒と四年制大卒では初任給の段階から給与額やその後の昇給が異なることが多いようです。
 透析業務に関わる場合、月5000円から20000円程度の手当てがつくこともあります。
 また施設によっては資格手当てや住宅手当、通勤手当などが加わります。
 国公立病院の場合は公務員となりますので医療職の給与区分に準じた給与となります。
 ボーナスは年間で基本給の3〜4ヶ月という施設が多いようで結果として1年の年収は一般的に300万前後となります。
 最近では契約職員や派遣職員が増えており自給ベースで勤務する人が増えています。
 男性の平均自給は2000円程、女性は約1800円ほどとなるようです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

レントゲン技師に合格するための難易度についての説明
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
レントゲン技師になるには専門学校
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
レントゲン技師になるための大学や偏差値について
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
レントゲン技師になるにはどうすればよいか
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。