肺がん レントゲン 写らない

レントゲンで肺がんが写らない時

スポンサーリンク

胸のレントゲン検査は肺がんを疑う診断手段であります。
しかしレントゲンの写真上、肉眼で結節性病変をみることができる大きさは3から5ミリメートル以上であります。
これより小さい肺がん病変は写らないことがあります。
ここで重要なことは胸のレントゲン検査に加えて、患者の病気の辛さの訴え、臨床徴候、身体検査所見などから腫瘍を強く示唆されても確定診断に達しないことです。
確定診断には細胞診あるいは病理組織検査が必要です。
レントゲンに肺がん病変が写らない場合でも、確定診断は細胞診や病理組織検査で可能です。
検査の材料の採取方法としては胸水、気管支肺胞洗浄液、胸壁に接している場合には超音波ガイド下での細胞診などがあります。
しかし胸水貯留が認められても腫瘍細胞が必ずしも存在するとは限らず、気管支肺胞洗浄液にも回収されないことはしばしば見られます。

スポンサーリンク

開胸術による肺病変摘出後の病理組織学診断が、最も確実な肺がんの診断方法であります。
この方法では同時に所属リンパ節の状態を確認して生検も可能であります。
現在CTやMRI断層撮像装置を血管造影剤とともに使用することで、診断精度が向上しています。
治療方法です。
外科手術による病変部の切除が第一選択の治療です。
切除による治療のみでは根治あるいは延命が期待できない場合、あるいは切除不能な場合には全身的化学療法が必要となります。
シスプラチン、カルボプラチンなどの白金製剤の抗がん剤などが用いられています。
肺への放射線治療は放射線肺炎など正常な肺組織への障害が起こるため、推奨されていません。
肺がんの原因はタバコの煙の吸入、大気汚染、プルトニウムや他の放射性物質の吸入などが関与している可能性があると言われています。
これらを避けることで予防できると考えられます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

レントゲンによる肺のうっ血について
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
肺炎と肺がんのときの写るレントゲンの違い
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
レントゲン検査で異常なしでも肺がんになるケース
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。