レントゲン 骨 白い影

レントゲン写真では骨は白い影として写ります。

スポンサーリンク

 日常生活においては胸部の内臓の状態を把握したり、空港の手荷物検査の際に用いられるレントゲン撮影(エックス線撮影)ですが、どのような原理で撮影が行われているのかを述べさせていただきます。
エックス線を照射する装置と感光フィルムの間に対象物を置き、エックス線を照射します。
対象物を突き抜けたエックス線が多ければ多いほど、フィルムは感光して黒くなります。
逆に対象物を突き抜けたエックス線が少なければ少ないほど、フィルムは感光しないため白く残ります。
この感光差による画像が俗にいうレントゲン写真(エックス線写真)です。
では、人体においてエックス線を通しやすい部分とエックス線を通しにくい部分はどのようなものでしょうか。

スポンサーリンク

人体でエックス線を通しやすい部分は空洞、もしくは比較的空洞に近い内臓や軟部組織で、例えば肺、皮膚、筋肉などがあげられます。
反対にエックス線を通しづらい組織は何といっても骨です。
そのために病院では骨折や脱臼の鑑別診断として、骨の画像がはっきり白い影として写るレントゲン写真が大きな役割を担っています。
骨以外にも、結石等のような硬化した組織が人体内にある場合は白い影として写りやすくなりますし、逆に骨粗鬆症や肺気腫のような組織の密度が著しく下がるような病気の場合には白い影としてはっきり映らなくなったり、逆に一部に黒い影として撮影される場合もあります。
なお、レントゲン撮影による画像の診断は難しいため、信頼できる医師への受診をお勧め致します。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加