肺炎 肺がん レントゲン 違い

肺炎と肺がんのときの写るレントゲンの違い

スポンサーリンク

 肺炎は多くの場合気管支肺炎となっているため、レントゲン所見は次の通りであります。
1つ目はドーナツ状の気管支パターン、これは慢性化した気管支炎の際は気管支壁の肥厚によります。
2つ目は綿毛状で輪郭不鮮度な陰影です。
3つ目は肺葉の一部あるいは肺葉全体の硬化像です。
4つ目はエアーブロンコグラム、これは肺水腫のときであります。
肺水腫では肺胞が炎症性産物やその他の液体成分で満たされ、肺胞内への空気の侵入が阻害される結果、気管支内の空気の充満像が観察されます。
その際は、肺の動静脈陰影は観察されません。
5つ目は気管支パターン、間質および肺胞パターンの混合パターン。
これは肺野全体のレントゲン透過性の減弱像として観察され、同時に尖鋭度の低下した肺の動静脈陰影が観察されることであります。

スポンサーリンク

肺がんのときの写るレントゲンです。
腫瘍の肺陰影は様々であります。
孤立型の結節性、多発型の結節性、肺葉硬化像、粟粒像などがあります。
また胸水を伴うことや結節性の腫瘍では空洞化、病変の石灰化もみられることがあります。
特に空洞化や石灰化は転移性肺腫瘍との鑑別の1つであります。
肺炎と肺がんのときの写るレントゲンの違いは白いドーナツ状やレールロード状の像が見えるか、その白いドーナツとレールロードの内側は強く黒くなるかどうかは違いの1つです。
呼吸器系疾患に対するレントゲン検査は、肺野の大部分の領域に陰性造影剤ともいえる肺胞内含気が存在することから、組織構築がより明瞭に観察される特性があります。
それだけにより詳細な陰影が観察されることになり、読影者によって診断能が大きく変化する結果にもつながってきます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

レントゲンによる肺のうっ血について
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
レントゲンで肺がんが写らない時
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
レントゲン検査で異常なしでも肺がんになるケース
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。