胸 レントゲン 白い影

胸のレントゲン検査における白い影

スポンサーリンク

レントゲン検査をすることは、さまざまな疾患を想定して実施されます。
また、その検査を実施する部位も、全身に及びます。
そのうち、特に検査することが多いのが、定期健診でもよく行われる、胸のレントゲン検査です。
胸部には、肺や心臓などが存在していますが、定期健診で特に重視されるのは、肺の病気の有無です。
肺の病気と言いましても、とてもたくさん存在しますが、そのなかでも代表的なものを説明します。
まず、世界的にも流行して、昔から有名なのが、肺結核という病気です。
肺結核は、治療法や予防法が発達して、以前のような大規模な感染はなくなりました。
しかし、日本においても毎年数万人の感染が確認されているので、注意が必要です。

スポンサーリンク

検査結果としては、結核菌が感染することで、白い影として写ることが多くなります。
そのほかの、レントゲン検査で発見される多い病気としては、肺がんが増加傾向にあります。
肺がんは、近年特に増加している病気で、死亡率が高いことでも有名です。
また、初期の自覚症状は乏しいことが多いために、早期発見に定期健診が勧められているのです。
この肺がんは、アスベストの問題などもありまして、環境因子が原因となることがあります。
さらに、タバコや大気汚染の影響などについても、指摘されています。
検査結果としては、この疾患も白い影として写ることが多いのです。
したがって、胸のレントゲン検査で白い影を見つけたら、さらなる精査を行うことが肝心です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

胸部レントゲンの直接と間接の違い
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
胸部レントゲンで大切な側面や方向
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
胸部レントゲンの所見や書き方について
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
胸部へのレントゲン検査でわかること
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
胸部のレントゲン撮影はピアスを外したほうがいいのか
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。