胸部レントゲン 側面 方向

胸部レントゲンで大切な側面や方向

スポンサーリンク

 胸部レントゲンの検査は、身体の中をのぞくことができる重要な検査として多くの医療機関で行われています。
バリウムなどを利用して体内を調べる方法は一定年齢以上の健康診断では会社で義務化されていることもあるぐらい重要な検査になっています。
この胸部レントゲンを行うときにはその方向がとても重要になってきます。
検査を実施するときには台座に乗せられて、いろいろと向きを変えながら複数の写真を撮っていく方法が一般的です。
このように撮影をする意味としては、人間の身体は立体でできているために一方方向からのレントゲンのみでは判別をすることができないケースがあります。
そのため、正面だけでなく側面などから撮影をすることがあります。

スポンサーリンク

ただし、側面からの撮影をするときには撮影中に動いてしまうとしっかりと画像を出すことができないために、レントゲン台そのものが回転するようになっていて患者さんはそのまま乗っていれば大丈夫なようになっています。
側面だけでなく上側からも撮すことができるように上下に回転するようになっている機械もあります。
胸部レントゲンを撮影するときにはこのようにさまざまな角度から撮影をして総合的に判断をします。
1枚だけでは見つけることができなかった病変部を別角度から撮影することによって発見することができます。
バリウムの飲む量によっても映し出すことができる範囲が変わってくるために、医師や技師はさまざまな病気を考慮してレントゲン撮影をします。スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

胸部レントゲンの直接と間接の違い
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
胸のレントゲン検査における白い影
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
胸部レントゲンの所見や書き方について
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
胸部へのレントゲン検査でわかること
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
胸部のレントゲン撮影はピアスを外したほうがいいのか
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。