レントゲン tシャツ 色

レントゲンのtシャツの色について

スポンサーリンク

 健康診断などで胸部レントゲンを撮ることがあります。
会社や個人によって健康診断の受け方は違っていますが、レントゲン車が会社にやってきて、一日で従業員全員のレントゲンを撮る場合もよくあります。
人数が多いと混雑しますから、撮影に適した脱ぎやすい服を着ておくことで、スピーディーに健康診断を進めることができます。
無地のtシャツなら大抵はそのまま撮影できますから、健康診断当日には忘れずに無地のtシャツを着ていくようにしまよう。
色や素材の指定は特にありませんから、どんな色でも大丈夫です。
女性の場合はブラジャーを外す必要がありますから、バストが透けにくいやや濃い目の色が良いでしょう。
また、髪の毛が長い場合には上の方でまとめる必要がありますから、髪ゴムを用意しておくと役立ちます。

スポンサーリンク

基本的に金属製のものはレントゲンを撮るときにはご法度なので、健康診断の時にはアクセサリー類は身に着けないようにしましょう。
また、ブラジャーは金具が付いていますから撮影前に外す必要があります。
金具以外でもプラスチック製のものなども適していませんから、タンクトップで撮る場合には肩ひもにも要注意です。
また、スポーツブラのような布製のものは大丈夫ですから、tシャツの下に着ておくとスムーズに撮影できます。
布製の肌着ならtシャツでなくてもかまわない場合がありますから、冬場の健康診断時などに活用しましょう。
なるべく時間をかけずに健康診断を受けるなら、ボタンがたくさん付いたブラウスや、タイトで脱ぎにくい服は避けるのが良いでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

健康診断におけるレントゲン検査の服装について
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
病院でレントゲン撮影をするときの服装はどうしたらいいのか
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。