胸部 レントゲン わかること

胸部へのレントゲン検査でわかること

スポンサーリンク

 胸部へのレントゲン検査では循環器疾患並び食道疾患並び呼吸器疾患がわかることがあります。
循環器疾患です。
循環器疾患に対して胸部レントゲン検査を行う場合、心臓の評価法としては精度が低いことを認識しておく必要があります。
すなわち、この検査でわかることは、心臓の大きさや形態、血管系の太さや走行状態であります。
また心陰影の大きさや心臓の形態については年齢、体位、腹腔内臓器の状態によっても異なることがあります。
もちろん顕著な異常は十分評価ができ、信頼性が高いです。
食道疾患です。
レントゲン検査で筒状の食道のどの部分にどのような変化が生じているかが評価できるため、食道疾患の診断の根幹となる検査法です。
硫酸バリウムを飲んで造影検査を行うこともあります。

スポンサーリンク

呼吸器疾患です。
生理的に肺胞内含気が存在することから、呼吸器疾患に対するレントゲン検査は十分に診断精度の高い情報が得られます。
この検査を行うとき、呼吸器疾患は気管の疾患、肺実質の疾患、胸膜の疾患、縦隔の疾患の4疾患に分けられます。
気管の疾患は気管形成不全症、気管虚脱、気管支炎などがあります。
肺実質の疾患は肺水腫、間質性肺炎、肺気腫などがあります。
胸膜の疾患は胸水症、気胸、胸膜肥大などがあります。
縦隔の疾患は縦隔洞気腫、前縦隔洞腫瘍、縦隔変位などがあります。
内科疾患のうちでレントゲン検査の対象となる疾患は主として、循環器疾患、呼吸器疾患、消化器疾患、泌尿器疾患があげられます。
そのうち胸部にある臓器は心臓、肺や気管や気管支、食道などです。
これらの状態が分かります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

胸部レントゲンの直接と間接の違い
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
胸のレントゲン検査における白い影
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
胸部レントゲンで大切な側面や方向
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
胸部レントゲンの所見や書き方について
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
胸部のレントゲン撮影はピアスを外したほうがいいのか
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。