幼児 歯 レントゲン

幼児の歯とレントゲンについて

スポンサーリンク

 子供の歯の治療を受ける際にレントゲンを撮ることがあります。
これが必要であるかが気になるという人がいますが、治療を行うときには前もって幼児の状態を知っておく必要があります。
したがって撮影が行われます。
歯は見えない部分などもたくさんあるので、憶測だけで治療を行うのが非常に危険となっています。
削らなくてもいい部分を削ってしまったり虫歯があるのにしっかりと治療をすることができないとなると、幼児の将来に大きく影響することになります。
小学生になればしっかりと受け答えをすることができる場合もあるので、問診だけで治療を進めることができますが、幼児の場合には問診をするのが難しくなっています。
母親など保護者に聞くというのが一般的です。

スポンサーリンク

したがって幼児の歯の治療を行う際にはレントゲンを撮るようになっています。
ここでは永久歯も写真に写るようになっているので、今後の生え方などを確認することもできます。
また将来きれいな状態を保つために外見では確認できない部分まで写真でしっかりと把握することができます。
顎の中ではすでに成長が始まっているので、ここで間違った処置をしてしまうと将来大きな影響を与えてしまうこともあります。
したがって正確な部分まで確認するためにレントゲン撮影は必要になります。
そして正確に診断するために1枚だけではなく複数枚撮影する必要があります。
顎の成長を知ることも非常に大切なことです。
レントゲン撮影では被爆のことを気にする人もいますが、それほど心配しすぎる必要はありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

銀歯の下の虫歯はレントゲンでわかります
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。