レントゲン シーベルト 換算

レントゲンのシーベルトと換算について

スポンサーリンク

 最近では放射線が体に与える影響に関して非常に興味を持っている人が多くなっています。
水道水が気になるというような人がいれば、病院での検査が気になるというような人も多くなっています。
とくに小さな子供がいる家庭や妊婦さんの場合には非常に気になるところですが、すぐに体に被害はないというような言葉をよく耳にすることがあります。
病院ではレントゲン検査を受けることがありますが、この場合体の受ける放射線量がどのくらいになるのかが気になります。
レントゲン検査を受けた場合には1ミリシーベルトを1000マイクロシーベルトと換算することができます。
胸部のレントゲン検査の場合には0.4ミリシーベルトと言うようになっています。

スポンサーリンク

また毎日の生活の中で換算することもできますが、ある市町村で1時間あたり約3マイクロシーベルトと言うことになっても、これが全て人体に影響を及ぼしていると言うことではありません。
これは1時間あたりの放射線の量と言うことになるので、この空間に裸で1時間外にいた場合、これだけの量の放射線を浴びるというように考えます。
しかしこれらの全てが体の中に取り込まれると言うことではありません。
毎日の生活の中の雨や花粉の量と同じように考えるとわかりやすいです。
24時間で考えた場合には3かける24で72という値になるので、これは胸のレントゲン写真を撮るときよりも非常に少ない線量となっています。
またレントゲンの場合には胸部に集中して当てるようになっているので、ここでも異常がないということを考えるとそれほど気にしすぎることはありません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

レントゲン撮影の回数と被ばく量の制限
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
胸部レントゲン被曝量と被曝線量
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。