胸部 レントゲン ピアス

胸部のレントゲン撮影はピアスを外したほうがいいのか

スポンサーリンク

胸部のレントゲン撮影をするときは、撮影の邪魔をするような金属類などを身に付けないようにします。
つまり、金属類は女性用の下着によくあることなので、これらを外して撮影を受けなければいけません。
しかし、耳もとに付けているピアスはどうなのだろうかと心配する人もいます。
これも金属類がほとんどなので、レントゲン撮影に写りこんでしまうのではないかと気になる人も多いようです。
心配であればピアスを外していけばいい問題かもしれませんが、耳に穴を初めて開けた人は、穴がふさがらないように一定期間は外さないように指示されることがあります。
そういったこともあって心配してしまうのでしょうが、そもそも胸部のレントゲン撮影に耳もとまで写ってしまうことはあるのでしょうか。

スポンサーリンク

このピアスへのレントゲン撮影の影響については、あくまで胸部を撮影するので耳もとまで写ることはありません。
胸部とは、肺や心臓などを含めた周辺が範囲となるので、写っても鎖骨や肩までが限界となるでしょう。
そのため、あえて外す必要はありませんが、中には肩まで届くようなデザインのピアスもあるので、そういったものは写りこんでしまう可能性もあります。
小さなデザインのものであれば全く問題はありませんが、長さのあるものは、外しておいたほうが無難でしょう。
撮影を受ける前に、レントゲン技師からチェックされることもあるので、判断に迷う場合はプロの意見を聞くようにすれば大丈夫です。
いずれにしても、胸部を撮影していくので、それに適したピアスであればわざわざ外す必要もないでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

胸部レントゲンの直接と間接の違い
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
胸のレントゲン検査における白い影
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
胸部レントゲンで大切な側面や方向
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
胸部レントゲンの所見や書き方について
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
胸部へのレントゲン検査でわかること
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。