レントゲン技師 専門学校

レントゲン技師になるには専門学校

スポンサーリンク

 レントゲン技師は医療機関でレントゲン撮影を専門に行う仕事です。
正式な名称は診療放射線技師になります。
仕事をする場所は、病院や診療所等の医療機関全般です。
放射線を使用した検査や治療を行う場所に需要があると言えるでしょう。
レントゲン技師は誰でもなれる訳では無く、国家試験を突破しなければなりません。
高度な専門知識や技術が必要なので、資格を持っていなければ扱う事が難しいからです。
特に医療機関では役割の分担が行われています。
チーム医療を行う為に、レントゲン技師は重要なポジションに位置しています。
なるためには国家試験の受験資格が必要です。
独学では難しいので一般的には専門学校や養成所に通って必要な知識と技術の習得が必須です。

スポンサーリンク

ただ専門学校は文部科学大臣が指定した所でなければなりません。
診療放射線技師養成所は厚生労働大臣指定の所です。
三年以上学習をして、診療放射線技師国家資格を受験をして合格が必須となります。
この診療放射線技師国家試験は、一年に一回行うのですが、試験科目は多岐に渡ります。
問題数は200程もあり正解率は60パーセントにもなります。
そのため難関の試験と言えるかもしれません。
ちなみに診療放射技師は、医療機関以外でも働く場所が沢山あります。
それは放射線を利用した非破壊検査等を行っている企業が挙げられるでしょう。
他にも、研究所や教育機関でも必要な業種といえるかもしれません。
このように、仕事の幅は広いと言えるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

レントゲン技師の平均年収や給料について
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
レントゲン技師に合格するための難易度についての説明
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
レントゲン技師になるための大学や偏差値について
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
レントゲン技師になるにはどうすればよいか
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。