レントゲン技師 なるには

レントゲン技師になるにはどうすればよいか

スポンサーリンク

 レントゲン技師とは、一般的な呼び名で、正式名称は「診療放射線技師」といいます。
診療放射線技師は、病院や各種医療機関などで医師や歯科医師の指示のもとに、人体に放射線照射を用いて画像診断や治療を行い、危険な放射線を安全に管理することを専門職とする人のことです。
私たちにもっとも馴染み深いものでは、健康診断で行う胸部X線検査があります。
別名、X線技師とも呼ばれるほど業務の中で一番多い仕事です。
 レントゲン技師になるには、厚生労働大臣の免許が必要です。
診療放射線技師試験、つまり国家試験に合格しなければなりません。
受験するには、いくつかの方法がありますが、いずれも高等学校を卒業していることが求められる難しい資格です。

スポンサーリンク

 レントゲン技師になるには、次のような方法が挙げられます。
一つは、4年制の大学の診療放射線技師養成課程で4年間学ぶこと、または高校を卒業後、文部科学大臣もしくは厚生労働大臣指定の短大や養成施設で3年以上知識と技能を学ぶこと、もしくは外国で相当の資格を持ち、厚生労働大臣の認定を受けた者、に国家試験の受験資格が与えられます。
学校や養成施設は全国にあり、養成施設によっては夜間の4年学ぶことで資格を得られるところもあります。
 レントゲン技師の資格は、長く仕事の出来る有望な資格です。
最近では、乳がんの検診などでマンモグラフィーの撮影が出来る女性のレントゲン技師を求める医療機関も増えてきているため、女性にとって注目される職業となってきています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

レントゲン技師の平均年収や給料について
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
レントゲン技師に合格するための難易度についての説明
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
レントゲン技師になるには専門学校
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
レントゲン技師になるための大学や偏差値について
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。