レントゲン検査 服装 健康診断

健康診断におけるレントゲン検査の服装について

スポンサーリンク

健康診断時におけるレントゲン検査の服装は誰でも悩むものです。
技師の方によって対応もまちまちであるため、特に女性は一番緊張したり、羞恥したりする場面でもあります。
一般的にレントゲン検査における服装はネックレスや磁気バンド、金属ボタン胸ポケット、ボタンダウン、ブラジャー、紐にプラスチックがついているスリップなどは禁止になっています。
これはレントゲン写真に写りこむ可能性があるものであり、正常な写真を撮ることができないからです。
しかし、上記のものを除けば基本的にTシャツや肌着、スポーツブラなどは問題ないとされています。
技師によってはすべて衣服を脱ぐように指示をする人もいますが、実はTシャツなどでも大丈夫なため、男女問わず、健康診断の際は用意しておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

女性の場合は1枚着ているか着ていないかで、大きな違いが生じてきます。
また、Tシャツでも薄手を指定されている場合は透けるのが気になることもあります。
こうした場合はカップ付きのTシャツなどがおすすめです。
会社や学校での健康診断は多くの人が1日で受診するため着替えに手間取らないことも大切になります。
あらかじめ着用しておくか、元からの服装が着脱しやすいほうが、周りに迷惑が掛からないでしょう。
それに加えて、健康診断はレントゲン検査ばかりでなく、血液検査や診察もあるため、服装は簡単に腕まくりができたり、脱げるほうが何かとストレスが少ないでしょう。
以上の点を注意して、健康診断の服装を考えることをお勧めします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

病院でレントゲン撮影をするときの服装はどうしたらいいのか
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。
レントゲンのtシャツの色について
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。