妊娠初期 レントゲン 健康診断

健康診断で行われるレントゲン撮影を妊娠初期で受けてしまったとき

スポンサーリンク

 会社や自治体などが行っている健康診断は、レントゲン撮影を取り入れていることが多いです。
ほとんどの人たちがこれを受けていきますが、妊娠の疑いのある女性の場合は大丈夫なのでしょうか。
しかし、一般的に妊娠をしている場合は、レントゲン撮影を受けない方がいいという考えが定着しています。
それは、撮影をするときに放射線を使っていくので、胎児への被爆の影響が心配されるからです。
特に、妊娠初期の場合だと、胎児の体である脳や神経などの大事な器官が形成される時期となります。
デリケートな時期だけに、避けておいた方が言われているのもこのためです。
けれども、妊娠初期は人によっては妊娠していることに気づかないこともあるので、万が一健康診断などで通常通り受けてしまったときはどうしたらいいのでしょうか。

スポンサーリンク

このレントゲン撮影の被爆への影響ですが、その被爆量の数値が問題となってきます。
数値が多ければ当然影響も心配されますが、実際に健康診断で行われているのは胸部を撮影していくものがほとんどです。
普通に撮影できる量の数値となっているので、胸部の場合は他の部位の撮影に比べてかなり低い数値で行われています。
このことから、胎児への影響はほとんどないということが分かっています。
ですから、妊娠を知らずに受けてしまった場合でも、心配する必要はほぼないでしょう。
念のため、通院先の産婦人科で医師に報告しておけば、なお安心できます。
そして、妊娠が分かっている場合は、あえて受けないという選択ができます。
妊娠初期ですので、これに悩んでいるようであればストレスを感じないためにも、受けない方がいいのかもしれません。
健康診断のときに、あらかじめレントゲン技師に相談することもできるので、専門家に判断を求めることもかまいません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

妊娠中の歯のレントゲンは胎児に影響を与えますか
胸部レントゲン・レントゲン技師・妊娠初期・乳がん・肺がん・歯などについて、あれこれです。